産後や授乳中に履いても大丈夫?

女性って、年齢を重ねるごとに体形が崩れていくのは、どうしようもないって、あきらめている方もいらっしゃいますよね?

 

実は私もその一人なんですが、女性は男性と違って、妊娠〜育児までなかなか時間を取れないものですし、妊娠中、産後・授乳中本当に目まぐるしく一日が終わってしまって、ダイエットや運動って疲れてしまってできないですよね?

 

それに妊娠中って骨盤が開いていますよね?そのあとの産後・授乳中の時にどうしようって、思って少し調べてみたのが、クビレニスタという骨盤を補正してくれるショーツなのでが、ご存知ですか?

 

クビレニスタは、履いているだけで、骨盤の矯正をしてくれたり、骨盤が元の位置に戻ることで、脂肪の燃焼効果も期待できるようなんです。

 

でも、クビレニスタを妊娠中・産後・授乳中に使っていいのかと言うことは、まだ見ていないので、これからみて見ようと思います。

 

クビレニスタが妊娠中・産後・授乳中に履いてもいいものなのか、ちょっとみて見たいと思います。

 

気になった方は、少しみて見てくださいね。

 

クビレニスタは、妊娠中・産後・授乳中は履いたら駄目?

 

みて見た結果、妊娠中はもちろん無理です!産後・授乳中は体が元の状態に戻っていないので、一度かかりつけの産婦人科の先生に確認がいるようです。

 

もし、クビレニスタのならば、完全に離乳した後なら、大丈夫なようです。

 

なので、もしクビレニスタを使いたいと思われている妊娠中・産後・授乳中の方は、しっかりと赤ちゃんが離乳後にしたほうが、いいと思います。

 

そのほうが、お母さんの体に負担がないようです。

 

お母さんの体のことを考えて、クビレニスタの使用は授乳後にしてくださいね。

 

離乳後のクビレニスタの効果的な使い方は、まず日中から短時間で慣らしていきます。

 

慣れてきたなぁ〜と思われたら、着用時間を少しずつ増やしていって、もっと慣れたら寝ているときに履いても、いいようです。

 

ただ締め付けすぎかなと感じるときは、何回か脱ぎ履きを繰り返して慣らしていくのが、いいようです。

 

あと、クビレニスタをそのまま一枚で下着としても、使用できるようなのですが、気になるようでしたら、いつも使っている下着の上からでも履いて効果があるようです。

 

クビレニスタを履く注意としては、クビレニスタの生地が偏らないようにすることが、ポイントのようです。

 

まとめ

 

どうでしょうか?クビレニスタは、妊娠中・産後・授乳中は履いたら駄目??ということでみて見たのですが、結論から言うと駄目みたいです。

 

やはり妊娠中はもちろん、産後・授乳中は体の状態が元に戻ってないですもんね。

 

それでなくても、女性はデリケートなので(笑)

 

なので、もしクビレニスタを使うなら、離乳後にしてください。

 

焦って体型を戻そうとして、体に負担がかかることをすれば、体調を崩してしまいます。

 

焦らずにゆっくりと体型を戻しましょう!

 

で、なくてもクビレニスタは割と即効性があるようなので、焦らなくても大丈夫です。

 

とここまで書いてみましたが、まだ知りたいことがある方もあると思います。

 

そんな方は、一度クビレニスタの公式サイトをのぞいてみてください。

 

>>クビレニスタの詳細はこちら

クビレニスタ