くびれの作り方〜ウォーキング偏〜

くびれを作りたいのにくびれの作り方が分からない!そんな人って結構いるんですよね。運動をしても効果があるのかないのか自分ではよく分からないし、でも、きれいなくびれを持っている人をみると「自分もこうなりたい!」と思うし・・・。

 

そんな時には、ウォーキングでくびれの作り方をマスターすることをおすすめします。くびれの作り方は色々ありますが、ウォーキングで歩くクセを付けてしまえば、慣れてしまえばいつの間にかくびれは出来ています。ここでは、くびれの上手な作り方として、ウォーキング方法をご紹介いたします。

 

くびれの作り方をウォーキングでマスターしよう!

なぜ、くびれを作るのにウォーキングをここまでおすすめするのかと言いますと、私の友達が元モデルをしていて、そのモデルから実際に教わった歩き方を私も実践してみたら、かなりくびれを作ることが出来たからです。では、ご紹介しましょう。

 

普段の歩き方は、普通に自分の好きな歩幅で少し手をふりながら歩いていますよね。くびれを作る時には、歩く時にはまっすぐ一本の線を歩いているように歩くことが大切です。そして、もっと大切なことは、歩いている時に、意識的にお腹をねじるということです。お腹の側面部分から少しずつねじっている感じで歩きましょう。

 

「お腹をねじりながらなんて歩けない!」と思う人もいるかもしれませんが、毎日会社に行く時だけでも意識していると一ヶ月もたたない内にその歩き方がクセになってきますので安心してください。これでくびれはもう作れます。難しいと感じるのは、始めの1日目から3日目くらいで、4日目からは歩き方のコツが分かり、簡単に出来るようになってきますよ。

 

くびれの作り方を実践すると得られる効果

では、このくびれの作り方で得られる効果についてご紹介いたします。この歩き方で歩いていると、くびれが出来る前に、腸の働きが良くなって便秘がかなり解消されます。痛みなどはなく、自然なお通じがありますのでとても健康になれます。

 

お通じがつくと、次は体の軸がまっすぐになってきます。そして、お腹が引き締められだし、くびれが出来てきます。このように、この歩き方をクセにするだけで、体の軸もまっすぐになり、便秘が解消されてしまうのです。

 

くびれの作り方のまとめ

くびれの作り方では、おすすめの方法として、歩く時に体をねじりながら歩くクセをつけていまうということがありました。一見難しそうに見えることの歩き方ですが、難しいと感じるのは開始した日から3日目くらいで、それ以降はコツがつかめますし、一ヶ月もすれば歩くクセが出来ますので安心してください。

 

でも、子育て主婦の方などは、毎日そんなにまっすぐな道を歩くことが出来ないという人もいるでしょう。子供が小さい時は尚更ですよね。そんな時には、クビレニスタという骨盤矯正ショーツを履くことをおすすめします。このクビレニスタなら、履いているだけで骨盤を矯正してお腹の余分な脂肪をなくすことが出来る優れものです。

クビレニスタ