くびれには普通の腹筋ではだめ!?コツを伝授

ウエストのくびれを作るには、腹筋運動をするとくびれが出来るのでしょうか?くびれを作るために、腹筋をしているのに、効果的がないという方も多いですよね。キュッと引き締まったウエストのくびれを作りたい方のために腹筋がいいのかをお調べしてみました。

 

どこの筋肉を鍛えるとくびれができるの?

ウエストがキュッと引き締まっていると、全身がほっそりして見えます。ウエストのくびれは、ただダイエットをすれば出来るというものではありません。

 

ただ細いだけだとウエストは細くは見えますが、くびれというものは出来ず、バストとヒップのバランスが大切なのです。くびれの作り方をご紹介しましょう。

 

まず、ウエストのくびれを作るために、腹筋運動をする方が多いと思います。残念ながら、普通に腹筋運動をしても、ウエストのくびれを作ることはできません。

 

腹筋には、腹直筋、腹斜筋、腹横筋の3つがあります。普通に腹筋運動をすると、体の正面の腹直筋が鍛えられます。シックスパックと呼ばれている割れた筋肉は、ここを鍛えます。

 

ウエストのくびれを作るためには、腹斜筋と腹横筋を鍛えなければなりません。腹斜筋というのは、お腹の横、斜めにある筋肉で、外腹斜筋、内服斜筋の2種類あります。

 

外腹斜筋というのは、骨盤や内臓を支えている筋肉で、お腹のコルセットのような働きをします。内服斜筋というのは、外腹斜筋とは反対方向にはしっている筋肉で、体幹を支えて、腹腔を形成しています。この2つの筋肉が同時に動くと、体をひねる動きが出来るようになります。

 

腹横筋というのは、筋線維が横に走っていて、ベルトのような筋肉です。お腹を引っ込める時に使う筋肉で腹斜筋の奥にあります。とても薄い筋肉ですが、これを鍛えると、コルセットのように体を支えて安定することができます。

 

くびれに効く方法

ウエストがくびれていない人というのは、猫背で姿勢が悪いです。腹筋を鍛えていないと、姿勢が悪くなります。

 

くびれがある人というのは、腹筋が使われていて、体幹がしっかりとしています。そのため、とても姿勢が良くて、見た目の若く見えます。

 

見た目の年齢を若くするためにも、姿勢というのはとても大切です。姿勢が悪いと老けて見えてしまいますので、意識して、腹筋を鍛えるようにしましょう。

 

姿勢を良くすることだけで、十分な運動になります。電車の中、信号待ちの間など、うっかりと悪い姿勢で立っていますよね。少ない時間でも、全身の筋肉に意識を集中させると、それだけで十分なエクササイズになるのです。

 

例えば、お腹を引っ込める、胸を張るようにする、あごを引くといったような、良い姿勢を保つように意識しましょう。全身の筋肉を効率的に使うことによって、くびれができることでしょう。

 

くびれに効果的な生活習慣

ウエストのくびれには、運動以外にも大切な生活習慣があります。

 

体を冷やさないようにしましょう。代謝が悪くなると太りやすくなります。また、どんなにがんばって運動をしても食べ過ぎると、くびれは出来ません。エクササイズをしながら食べ物にも注意しましょう。

クビレニスタ