くびれ美人になるにはどうすれば良い!?

ただ痩せているだけでは、女性らしい魅力的な体とは言えません。女性らしい美人な身体というのは、くびれなのです。多少ぽっちゃりしていても、くびれがあれば、魅力的なくびれ美人といえます。くびれの作り方を知って、くびれ美人になりましょう!

 

くびれ美人とは

くびれ美人というのは、ウエストのくびれがはっきりとした女性らしい身体をもっている人のことです。たとえ、細くても、くびれがなかったら、女性らしいナイスボディとは言えません。

 

くびれがあるのとくびれがないのとでは、スタイルに違いがあります。セクシーで女性らしい身体にはくびれというのは必要不可欠です。くびれ美人になる方法をご紹介しましょう。

 

くびれ美人になるために、頑張ってダイエットに励む女性も多いですが、残念ながら、痩せるイコールくびれができるという訳ではありません。痩せると、確かにくびれができやすくはなりますが、ただ痩せてしまって残念な身体になってしまう場合もあるのです。

 

くびれというのは、豊かなバストとヒップ、引き締まったウエストのバランスから生み出されます。女性らしい魅力的なからだにはくびれが必要なのです。無理な食事制限などをしてダイエットをすると、胸やお尻まで小さくなってしまうので、注意が必要です。

 

ぽっちゃりしていても、くびれがあると、セクシーに見えますが、くびれがないと、ただの寸胴の幼児体型に見えてしまいます。ヒップとウエストは、1:0.7の比率がベストです。

 

くびれ美人の作り方

では、どのようにしたら、くびれ美人になれるのでしょうか?

 

くびれを作るためには、食事制限もある程度は必要です。その他には、エクササイズをするのをおすすめします。

 

腰ひねり運動をしましょう。ウエストをひねるように回転させてくびれを作ります。マシを肩幅より狭く広げ、両肘を90度に曲げ、腰から下は動かさないようにして、ウエストから上半身をひねります。左右15回ずつします。腰・脚は動かさないようにして、ウエストをひねりましょう。

 

次に、ひねり腹筋がおすすめです。これは、ウエストの周りの腹横筋、腹斜筋が鍛えられる筋トレです。

 

仰向けに寝転がり、手は頭の後ろにあて、膝を90度に持ち上げてキープしましょう。右肘が左膝にあたるように身体を持ち上げます。今度は逆に起こします。お腹に力を入れて、なるべくウエストをひねるようにしましょう。左右1回ずつ1セットにして20セットしましょう。普通の腹筋プラスひねる動きによって、ウエストとくびれに効果的な運動です。

 

エクササイズのグッズを使うのもおすすめです。くびれを作るグッズが市販されていますので、試してみるのもいいですね。

 

クビレディというようなグッズもあり、これは、腰をしっかりとホールドして、ただ身体を揺らすだけで、自然にウエストのまわりの筋肉が動くようになっています。

 

腰を痛めたりしないで、ウエストをまんべんなく動かすことによって、くびれを作っていくことができますので、このようなグッズを利用されるのもおすすめですね。

クビレニスタ