話題の骨盤補正ショーツ【サイズの選び方を解説】

クビレニスタ 効果

 

履くだけで、歪んだ骨盤を矯正してくれる骨盤補正ショーツ「クビレニスタ」。

 

サイズ選びでお悩みの方もいらっしゃると思います。

 

事実、「クビレニスタ」をはじめとした矯正下着は、サイズがきつすぎると苦しいですし、緩すぎたら矯正の効果がないかも、と不安になってしまいます。

 

また、「サイズは多少きつい方が、効果がありそう!」といって、小さめのサイズを選ぶ方もいます。

 

実際、「クビレニスタ」や、骨盤補正ショーツのサイズは、どうやって選ぶのかよいのでしょうか?

 

サイズ選びは慎重に

 

「クビレニスタ」を買うときに「早く効果を出したいから」といって、小さめのサイズを購入している人の話を聞きます。

 

サイズが小さい→締め付ける力が強い→効果がすぐに体感できる!そう考えての事だと思います。

 

しかし、これは大きな間違いです。

 

サイズが小さいと、苦しくて、履くことさえできません。

 

クビレニスタは、履かないと効果が全くないのです。

 

それどころか、サイズの小さい骨盤ショーツによって身体を「圧迫」してしまうと、身体に悪影響が出てしまいます。

 

ショーツに限らず、自分のサイズより小さなものを身に着けますと、身体が「圧迫」されて苦しくなります。

 

身体が「圧迫」されると、血の巡りが悪くなり、むくんでしまったり、逆効果になってしまうのです。

 

クビレニスタをはじめとした骨盤補正ショーツは、基本的に「締め付ける」強さです。

 

そして、身体にとってちょうどいい締め付け具合ですと、足先が適度に暖かくなります。

 

けれど、圧迫されたり、姿勢が悪くなったりしますと、逆に血行が悪くなり、足先は冷たくなります。

 

「クビレニスタ」を買うときは、自分のサイズにちゃんとフィットする「クビレニスタ」を買いましょう。

 

サイズのはかり方

 

さて、「クビレニスタ」の公式サイトを見てみると、クビレニスタはMサイズとLサイズの2種類があります。

 

正確なヒップのサイズまでは書いてありませんが、一般的なショーツのサイズと同じ位として、

  • Mサイズ・・ヒップがおよそ87〜95cm
  • Lサイズ・・ヒップがおよそ96〜105cm

位かと思われます。

 

そこで、問題になってくるのが、「ヒップサイズのはかり方」です。

 

自分のヒップサイズを測るのは、意外と難しいものです。

 

皆さんは、ご自分のヒップサイズを正確に測れますか?

 

正しいヒップサイズは、お尻の、一番高い所を水平に測ります。

 

鏡を見ながら測ると、水平さが判って、とても測りやすいですよ。

 

測るときのご参考になさってください。

 

まとめ

 

「クビレニスタ」のサイズは、自分のサイズに合ったものを買いましょう。小さいサイズだから効果が強い、というわけではなく、むしろ小さいサイズですと、身体を締め付けてしまい、身体に悪影響が出ます。

 

正しいサイズを測り、そのサイズに合った「クビレニスタ」を購入してください。

 

履くだけで、骨盤を正しく矯正してくれる骨盤補正ショーツ「クビレニスタ」は、公式サイトでのみ、販売しています。

 

興味のある方は、ぜひ公式サイトをご覧ください。

 

>>クビレニスタの詳細はこちら


クビレニスタ